サンフランシスコの産業、工業、商業、失業率

サンフランシスコの産業、工業、商業、失業率について

サンフランシスコはアメリカ西海岸の都市で世界都市として認知されている大規模な都市です。産業や工業、商業が盛んな地域としても知られており、サンフランシスコの産業は特に観光業が盛んになっています。海岸沿いの景色に憧れる方は多く、世界各地から観光客の方が訪れて賑わっています。観光名所と呼ばれるスポットも多くあり、フィッシャーマンズワーフやツインピークス、ゴールデンゲートブリッジなどを始めとする施設や名所があります。

 

工業も世界都市として大きく発展しており、特に盛んなのはIT系です。シリコンバレーと呼ばれる大手のIT企業が拠点としている地域の近くであるため、サンフランシスコもその影響を受けてIT企業は多くなっています。また、カリフォルニア大学などの教育機関も多くあるため、そうした機関と連携して研究や開発が行われています。もう一つ大きな分野としては金融があります。アメリカ西海岸の中ではサンフランシスコは重要な役割を担っており、経済を大きく動かす中心的存在です。

 

サンフランシスコの失業率は2009年のデータでは8%ほど、2012年のデータでも8%ほどとなっており、10%前後を推移しています。2014年もこの傾向は変わらず、アメリカの他の都市と比較しても平均レベルの水準となっています。比較的安定しているとも言えるため、今後サンフランシスコで仕事をする事を検討している方には、落ち着いているタイミングで仕事をスタートしやすい時期と言えます。

 

≪アメリカ勤務の求人を探す転職サイト5選に戻る