アメリカ 日系企業 年収 待遇

アメリカの日系企業での年収や待遇について

 

アメリカで日系企業で働く場合の年収や待遇はその方のスキルや経験によって大きく変わる事が多いです。まだまだ日系企業に在籍している日本人の方がアメリカで勤務する事例は多くはなく、データとして不十分な面があります。そのため、あなたに提示される額面で納得いくかどうかという点がポイントになります。

 

アメリカでは実績や成果を明確に求められる企業が多いです。そのため、あなたに大きな実績を出せるだけのこれまでの経歴やスキルがあれば企業も高待遇で採用してくれますし、逆の場合であればアメリカ勤務とはいってもそれほど収入の伸びは期待できない事もあります。アメリカの日系企業での採用の場合、十分な経験とスキルがあれば年収1000万円というレベルも十分可能です。また、休暇は日本よりも取りやすく、取るのが普通という考えの職場が多くなっています。仕事をしたいと思える企業があれば、まずはその企業の中途採用情報をチェック、エントリーして、面接を受けてみて、その際に交渉をしてみると良いでしょう。提示された額面が納得いくのであればそこで検討すると良いでしょう。

 

中には500万円や600万円ほどの水準で仕事をしている方もいます。最近は医療関連職種よりも高収入になっているのはIT系の職種です。プログラマーで新しいサービスの構築などが出来るという方は収入が高くなりやすくなっています。ただし、額面が良いからといってそれだけで判断するのはあまりお勧めではありません。あなたにとって本当にやりがいのある仕事なのか、気持ちよく働く事ができるのか等も検討して仕事を探していく事をお勧めします。

 

≪アメリカ勤務の求人を探す転職サイト5選に戻る