ロサンゼルスの産業、工業、商業、失業率

ロサンゼルスの産業、工業、商業、失業率について

 

アメリカの中でも大都市であるロサンゼルスは、産業や工業、商業なども盛んで、経済は活発に動いています。特にロサンゼルスの産業に関しては流行の発信源とも言われており、映画のスタジオなどがあるため、映画やTVドラマなどが制作されています。アメリカでは多くの人を巻き込んだ様々な運動が起こる事もありますが、こうした運動もロサンゼルスが火付け役となっています。また、富裕層の方も多く、そうした方が興味を持ちやすい美術館や博物館なども多くあります。

 

また、工業も盛んな都市です。特に航空機の製造やコンピューターなどの分野では先進的な技術を持っており、世界的に見ても高いレベルを誇っています。仕事も多くあり、海外から赴任して仕事をしている方も多くなっています。ロサンゼルスで仕事をしたいと考えている方にとって、比較的窓口は広く開かれていると言えます。

 

失業率に関しては年によって大きく変動しており、現在は少し低下している傾向にあります。2008年からのデータでは、2008年には5%だった失業率は2010年にかけて上昇し、15%まで上昇しました。その状態が約2年間続いた後徐々に失業率は下がっており、2014年には10%まで低下しています。現在は失業率が落ち着いてきており、比較的景気的にも安定していると言えます。ロサンゼルスはアメリカでは、ニューヨークに次いで人口の多い都市のため、職に就いたものの安定しないという生活を送っている方もいます。

 

≪アメリカ勤務の求人を探す転職サイト5選に戻る